oyazipower’s blog

オヤジチャレンジ ~アラフィフオヤジが日々のチャレンジをつぶやきます~

3億円超のランボルギーニ 輸入車ショーで目撃 いったい誰が乗るの?

この記事をシェアする

f:id:oyazirogu:20190207220627j:plain

オヤジです。

輸入車ショーに行って来ました。

輸入バイク、ハーレーダビッドソン等のブースに行く途中、とんでもない車が存在していることを知りました。

 

 

世界限定20台 日本上陸は2台 その内の1台

3億円を超えるランボルギーニ特別展示されているとのこと

 

バブル世代に育った私にとって、高級外車は、憧れの存在 

しかも3億円超❢❢❢

 

普段、テレビ番組などでそういった映像が流れたとしても、「ふーん、へー。」って言うくらい。

しかし、直接見られるということになりますと、ちょっと話が違います。

私の常識をはるか超える自動車の存在・・・

自然と先にそちらのほうに足が向いてしまいました。

 

空いている時間帯を狙って行ったのですが、すでにかなりの人で混雑

まずは、3億円超のランボルギーニを 

 

正面入り口から入りますと、ありました。

 うぁっ、真っ赤なランボルギーニ

f:id:oyazirogu:20190207221937j:plain

 

f:id:oyazirogu:20190207222119j:plain

 

 Lamborghini Centenario Roadster

□ ボディサイズ:全長4924✖全幅2061✖全高1158mm

□ ホイールベース:2700mm

□ 乾燥重量:1570㎏

□ エンジン:V型12気筒DOHC48バルブ

□ 総排気量:6498㏄

□ 最高出力:566㎾(770ps)/8500rpm

□ 最大トルク:690Nm(70.4kgm)/5500rpm 

 

外観を見た目だけで、その凄さが伝わってきます。

ただ、車内は、黒色の金属パイプで囲まれていたこともあって、残念ながらよく見ることができませんでした。

まぁ、当然か。3億円超ですからね。

 

高級外車の展示場は、ある意味、非日常空間で、夢の宝庫

親子連れやカップル、若者から年配までたくさんの人が来場していました。

みんな、目をキラキラと輝かせて見ています。

まるで、純粋な子供が好きなおもちゃを見ているかのよう。

 

その時、ふと我に返り

3億円・・・改めてその金額に驚きました。

サラリーマンの生涯賃金では、買えない・・・

究極の夢現実・・・・・

 

続いて、各ブースをぐるりと回っていきますと、

 

BMW  Mercedes-Benz  Rolls-Royce

BENTLEY  PORSCHE  Alfa Romeo

Ferrari  LOTUS  JAGUAR

LAND ROVER  PEUGEOT  MASERATI

VOLVO  Audi  Volkswagen  MINI 

 

等の世界中の高級外車がズラリと続きます。

  

あっ、私好みで、即、キャッシュで買えそうなかわいい車がありました。

これです。JEEP

f:id:oyazirogu:20190208233851j:plain

 

実は、ミニカーでした。(笑)

 

私は、ミリタリー系が好きで、このJEEPが、とてもお気に入りなんです。

コレクションにと思いましたが・・・残念、非売品でした。

 

続いて、輸入バイクのブースへ 

f:id:oyazirogu:20190209000300j:plain

115周年を迎えたバイクブランドの王道

HARLEY-DAVIDSON          

www.harley-davidson.com

                 

革新のテクノロジーで駆け抜ける歓びを味わえる

BMW

 

カナダ、ケペック州で誕生した画期的な3輪モーターサイクル

Can-Am Spyder

 

バイクメーカーの中で130年以上の最古の歴史がある英国発のバイク

TRIUMPH

 

イタリアのパッションを持つ世界的なブランド

DUCATI

 

あー、もうたまりません。

また、私の妄想が始まりました。

バイクで、憧れの ルート66 約3800キロ アメリカ大陸横断

ニューヨーク出発

イリノイ州シカゴからカリフォルニア州サンタモニカまでの約3800キロを走破

そして、ロサンゼルスまで

すでにコースは出来上がってしまいました。

あとは、・・・・

 

私の妄想も、徐々に具体的に❢ 

いつ現実となるか❔

今は、英会話、英会話・・・