oyazipower’s blog

オヤジチャレンジ ~アラフィフオヤジが日々のチャレンジをつぶやきます~

またまた、フィッシング詐欺の注意情報❢❢ 今度は、『LINE(ライン)』を騙るフィッシング詐欺メール❢❢

この記事をシェアする

f:id:oyazirogu:20190319205642j:plain

オヤジです。

  

先日、フィッシング詐欺に関する記事をアップしました。 ↓↓↓

 

oyazirogu.hatenablog.com

 

すると、その後、しばらくして、私がパソコンスマホで使用している

 

ネット詐欺専用セキュリティーソフト『詐欺ウォール』

 

から、注意喚起のメッセージが再び届いていたことに気づきました。 

 

 LINE(ライン)を騙るフィッシングメールが出回っています。

 

えっ、ラインも・・・・

 

 

今回の注意喚起のメッセージは、

 

2019年3月6日にフィッシング対策協議会より、 LINE(ライン)をかたるフィッシング詐欺メール について、注意喚起のための緊急情報が公開されました。

 

このフィッシング詐欺は、社名もしくはブランド名を詐称した偽のメールを大量に配信し、受信者に偽のサービスサイトへアクセスさせます。

 

そして表示された偽のログイン画面に、アカウント情報(メールアドレス、パスワード)などを入力させ、認証情報を搾取するネット詐欺の手口です。

 

搾取された認証情報、個人情報はフィッシング詐欺を仕掛けた犯罪グループを経由して、ブラックマーケットで転売され、サイバー犯罪に活用される恐れがあります。

 

というような内容でした。

 

 

案内のあったフィッシング対策協議会のサイトを見てみますと

 

 LINE(ライン)を騙る偽メールは、次のような内容のようです。 ↓↓↓

 

【偽メールの内容】

https://www.antiphishing.jp/news/images/20190306line01.PNG

 

スマホでご覧の方は、字が小さくなり、見づらいと思いますので、偽メール文面だけ表示しておきますね。

 

お客様のLINEアカウントに異常ログインされたことがありました。お客様のアカウントの安全のためにウェブページで検証してお願いします。

こちらのURLをクリックしてください。 安全認証

偽のURLを表示

この時、旧端末のLINEへ公式アカウント(LINE)から、「他のスマートフォンであなたのアカウントが使用されようとしています。」というメッセージが届きますが、もちろん自分で操作していることなので、そのまま手順を進めましょう。

※URLの安全認証有効期限は、毎日8時から20時までです。

 

よく読めば、おかしいとは感じますが、意識して注意深く、考えながら読まないと、私なんかの場合、そのままクリックしてしまいそうです。

ほんと、注意しなければなりませんね。

 

私が使用しているネット詐欺専用セキュリティーソフト『詐欺ウォール』は、 一般的なセキュリティ対策ソフトでは検知困難な、ネット詐欺による金銭被害、個人情報盗難被害の対策に特化したソフトウェアだそうです。

 

その特徴は、トリプルブロックにより新たな手口の詐欺サイトをスピード検知

 

1 AI検知

日々変化していく詐欺サイトをスピード検知

2 ブラックリスト検知

公的機関から入手したリストで詐欺サイトを遮断

3 ヒューリスティック検知

構造や特徴を解析して、詐欺サイトを見抜く

 

とのことで、ブログやラインを最近になって始めた私にとって、とても心強い味方となっています。

 

 

私が使用しているネット詐欺専用セキュリティーソフト『詐欺ウォール』の詳しい内容については、こちらでどうぞ❢❢  ↓↓↓ 

  

sagiwall.jp

 

今のところ、私自身、ネット詐欺にかかってはいませんが、このセキュリティーソフトのおかげだと思っています。

 

私自身も含め、みなさんも、ネット詐欺だけは引っかからないようにしたいものですね。

 

 

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました❢❢