oyazipower’s blog

オヤジチャレンジ ~アラフィフオヤジが日々のチャレンジをつぶやきます~

断捨離、人生変わります❢ 私が出会った書籍紹介 【モノ・ヒト・コトの断捨離~今すぐ捨てたい100のこと~】❢❢

この記事をシェアする

f:id:oyazirogu:20190606235918j:plain

 

オヤジです。

前回、私自身の断捨離について、詳しく書けない部分もありましたが、記事にしました。こちらです。↓↓↓

 

www.oyazipower.com

 

その記事の中で、私が作成した文章が、その受け止め方しだいでは、私が意図する意味、あるいは、参考とさせていただいた書籍に書かれている内容と違ったものとなる可能性があったため、正確を期すため、私が出会った断捨離の書籍について、今回、紹介することにしました。

 

 

はじめに

 

私がこの書籍に出会ったのは、約30年積み上げてきた夢、目標がとん挫し、気持ちがひどく凹んでいた時に、ふと立ち寄った本屋さんでした。

 

断捨離については、モノの断捨離であるということは、ある程度理解していた私でしたが、断捨離が、実は、モノだけでなく、コト(=行動)ヒト(=人間関係)にも及ぶものであったことが私の目を強く引き付けた一番の理由です。

 

そして、表紙をめくったページに書かれていたイントロダクションでは、その最後の方に断捨離は、不器用に生きている人人生を他人任せにしている人が、自分を取り戻し、人生の達人なるためのメソッドです。』とありました。

 

まさしく、その当時の私は、私自身の夢、目標に関し、不器用、他人任せの真っただ中にいました。

ですから、そのフレーズを目にした途端に購入を決め、早速読んで、実行に移しました。

 

すると、どうでしょう。大きな夢、目標に関することではありませんでしたが、早速、別のことで、変化が現れました。

 

書籍紹介

 

そんな断捨離について、今回、私が読んだ書籍は、冒頭の写真の

 

モノ・ヒト・コトの断捨離

 ~今すぐ捨てたい100のこと~

発行所 株式会社宝島社

監修  やましたひでこ

2018年6月10日発行

 

でした。

 

この書籍については、楽天さんや、Amazonさんでも購入ができるようです。

 

books.rakuten.co.jp

 

 

監修者・公式サイト・オフィシャルブログ紹介 

 

監修者

ここで、書籍の監修者である『やましたひでこ』さんについて紹介しておきますね。

早稲田大学卒。

学生時代に出合ったヨガの行法哲学「断行・捨行・離行」 に着想を得た「断捨離」を日常の「片づけ」に落とし込み、応用提唱

年齢、性別、職業を問わず、誰もが実践可能な自己探求メソッドを構築。

全国各地でセミナー、講演をするほか、新聞・雑誌・テレビ・ラジオ等多数のメディアを通して、精力的な活動を展開している。

著書は、ベストセラー『新・片づけ術 断捨離』、『新・生き方術 続・断捨離 俯瞰力』、『新・ココロの片づけ術 自在力』他多数。

関連書籍国内外累計400万部を超える。

 

公式サイト

 

yamashitahideko.com

 

オフィシャルブログ 

 

ameblo.jp

 

 

今すぐ捨てたい100のこと

 

 

今すぐ捨てたい100のことのリストを列挙しておきますね。

 

 PART1 いりません❢ 今すぐ捨てたいモノ  

 

モノ断捨離「捨てる手順」

 

〇 モノを出して俯瞰で見る

バッグ、引き出し、クローゼットなどから、その中にあるモノをすべて取り出し、現状を把握します。モノを出すことで、スペースが一度、空になるので、どのくらいの量が適正なのかを俯瞰的に見られるようになります。

〇 ガラクタ・ゴミを捨てる

取り出したモノの中で、壊れているモノ、汚れているモノ、期限の切れているモノなど、その存在を忘れていたモノや見るからにいらないモノから捨てていきます。

住まいにある8割のモノが忘却グッズに分類されます。

〇 自分軸と時間軸を基準にする

「今の自分にとって重要か」を基準にモノを見ます。

私が使いたいかどうかが全てです。この視点を持つことで、自分にとってそのモノがどういう存在なのか見えてきて、自分のことをより深く知ることができます。

〇 要・適・快の視点で考える

今の自分にとって「なくても困らないモノ=不要」「ふさわしくないモノ=不適」「心地よくないモノ=不快」を見極めて、取り除いていきます。

この視点を考えることで、「捨てる」がブラッシュアップされます。

 

f:id:oyazirogu:20190611021412j:plain

 

 身近なモノから始める 1~5

お財布

ハンドバッグ

化粧ポーチ

文房具

食品 冷蔵庫・冷凍庫 スパイス・ハーブ棚

ファッション 6~17

衣類

靴の箱

バッグ

バッグの付属品

付属バッグ&ポーチ

ベルト

ストール類

アクセサリー

帽子

ヘアアイテム

ヘアドライヤー

ビューティー 18~23

化粧品

試供品

日焼け止め

美容・健康グッズ

ホテルのアメニティグッズ

ネイルグッズ

キッチン 24~35

キッチン収納

保存袋

調理ペーパー類

コンビニカラトリー(割りばし、スプーン、フォーク等)

紙おしぼり

ケーキ用キャンドル

調理器具

ジューサー、ブレンダー

巻きす、おけ

密封容器、空き容器

保存容器

食器

袋類 36~38

レジ袋

エコバッグ

ブランドショップの紙袋

本棚 39、40

雑誌

書類 41~43

取扱説明書

ダイレクトメール、チラシ

カタログ

個人情報書類 44、45

古い通帳、運転免許証、パスポート

日記、手帳

電化製品 46~48

家電

デジカメ充電池、充電器

ケーブル

薬箱 49

薬(期限切れ)

傘立て 50

子ども部屋 51、52

子どもの宝物(おとなが思う子どもの宝物、子どもにとっての宝物ではない。)

こどもの作品

思い出 53~55

旅行先のモノ

外国のお金

トロフィー、賞状

収納グッズ 56~58

衣装ケース

つっぱり棒

S字フック

かご、箱 59、60

かご類

空き箱、瓶

バスルーム 61、62

タオル

シャンプー類

掃除 63、64

洗剤、スポンジ

掃除道具

趣味・勉強 65~67

スポーツグッズ

楽器

テキスト

置き物 68、69

キャンドル、アロマ

ファンシーグッズ

デコレーション、飾り 70~72

ウオールペーパー

パーティグッズ

お正月飾り

その他 73

家中に散らばっているモノ

 

PART2 今すぐやめたいコト

 

断捨離のポイント すぐ実践したい4つの行動

 

〇 「なんとなく」をやめる

日々の生活の中で「なんとなく」やっているコトがないか振り返ってみましょう。

例えば、目的なく帰り道にコンビニに寄ったり、見もしないテレビの録画予約をしたりする等。あなたが本当に「やりたい」と思っているコトなのか、よく考えてみましょう。

〇 「とりあえず」をやめる

「あとで困るかもしれないからとりあえずもらっておこう、買っておこう」となんとなくやっている行動はありませんか。

「とりあえず」もまた、思考停止の言葉。本当に自分に必要なコトなのか、もう一度問いかけてみましょう。

〇 「習慣だから」を疑う

「こういうものだから」とあたかも常識のごとく押し付けられている習慣は意外に多いものです。特に冠婚葬祭やイベントごとがそうです。

あなたとイベント、あなたと相手の関係性をもう一度見つめ直し、本当に自分に必要なコトだけを選び取りましょう。

〇 本当に「断れない」のか考える

「私って断れないヒトだから」となんでも引き受けてしまうのは、本当に「断れない」からですか。

断れないという言葉の裏にどんな気持ちがあるのか、見つめなおしてください。「嫌われたらどうしよう」という恐れがあるのは、あなたが他人軸で生きているのでは。

 

f:id:oyazirogu:20190611021554j:plain

 

コト断捨離の第一歩 74~90

帰り道の余計な買い物

道で配っているモノをなんでももらう

就寝前のダラダラスマホ&ネット

三日坊主なのに美容・ダイエットグッズを買う

限定品に飛びつく

「安い」を見ると買う

頼まれると断れない

ショップなどですぐ会員になる

続かない習い事や趣味

結局見ない、テレビの予約録画

スマホのメールを未読のまま溜める

なんでも取っておく癖

無駄にストック品を買う

家族の身支度の手伝い

家族に合わせて料理を作る

バレンタインに義理チョコを配る

二次会・三次会への参加

 

PART3 断捨離しづらいモノ・コト 

 

手強いモノ・コト断捨離 3つのポイント

 

〇 固定概念・貯蓄精神を自覚する

捨てにくいものほど、固定観念・貯蓄精神は強く働きます。

そうなると何も考えることなく、ただただ不要、不適、不快なモノ、コトが増える一方。この二つに振り回されないためにも、まずは、振り回されている自覚を持ちましょう。

〇 「私」と「今」の軸に戻す

固定観念、貯蓄でブレてしまった軸を改善します。

大事なのは周りではなく、自分が心地いいか。

今、必要なのか。

手強い敵にも臆せずに「今、自分が本当に必要なモノ、コト」を意識して立ち向かえば、おのずと「捨てる決断」ができるようになります。

〇 残ったのは、選んだモノ・コト

自分軸、時間軸で正しく判断したうえで、「捨てたくないモノ・コト」は、もちろん、残してOKです。今の自分自身にとって必要なものだからです。

自分できちんと考えて「選抜した」モノに囲まれ、コトすれば、自然と空間、時間に余裕が生まれてきます。

 

f:id:oyazirogu:20190611021722j:plain

 

手紙

先祖・親から引き継いだモノ

引き出物・ウエディング関連品

飲み会のお酌、取り分け

開運グッズ

年賀状、暑中見舞い

お中元、お歳暮

ひな人形、かぶと

 

PART4 今すぐ切りたいヒト 

 

ヒト断捨離のポイント もめがちな4つの関係

 

〇 同居している身内

同居していて距離が近く、接触回数が多いため、不満がたまりやすい関係、きちんと話し合ってお互いの気持ちを知り、ケアを欠かさないことが必要

 

〇 別居している身内

関係としては距離は近いですが、接触回数は、別々で暮らしているので少なめ。

「身内だから相手を理解している」と勝手に解釈をしてしまうことが原因で、不仲になってしまうことも。

 

〇 友人関係

つきあってきた年数、知り合ったきっかけなどで、距離感が大きく異なる友人関係。一人ひとりの距離・頻度を改めて見直してみましょう。

 

〇 仕事関係

仕事仲間は、家族や友人とは、また違った距離になります。

飲み会などの社内レクリエーションで頻度を調節するなど、自分にあったバランスを考えてみましょう。

 

f:id:oyazirogu:20190611021811j:plain

 

ヒト断捨離の第一歩 91~100

元彼、元彼女の連絡先

名刺

恋人、夫婦

学生時代の友人

ママ友

同僚

上司、部下

ご近所さん

親戚

家族

 

参考:モノ・ヒト・コトの断捨離~今すぐ捨てたい100のこと~ 発行所/株式会社宝島社 

 

おわりに

 

断捨離とは、自分自身を内観することとなるひとつの作業であると私は思っています。

執着を手放す。執着に変化したものも手放す。

執着を手放すことができると、ありのまますべてを受け止める受け入れることができるようになると思っています。

心穏やかに、これから人生を生きるため、是非、断捨離をおすすめします。

また、1度きりではなく、継続してしていくことが、さらに変化をもたらしていくように思います。

人間の生き方そのものを変える力があるのが断捨離です。

 

 

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました❢❢