oyazipower’s blog

オヤジチャレンジ ~アラフィフオヤジが日々のチャレンジをつぶやきます~

武道、武術は遠い道のり ゆるゆる修行珍道中❢❢

この記事をシェアする

f:id:oyazirogu:20190302122044j:plain

 

オヤジです。

 

みなさん、趣味でお稽古ごとしていますか。

若い人でもプロでご活躍されている人もたくさんいますね。

一般的なスポーツを除いて、女性であれば、バレエダンス日本舞踊、最近ならヒップホップヨガ等などいろんな素晴らしいものがありますね。

 

幼少期の頃、姉二人がバレエを習っていたこともあって、男の私にも親からしないかと言われたことがあります。

でも、下のタイツ姿がどう見てもズボンを履いていない下着で踊っているように見えて、恥ずかしくて、これだけは幼心でも断りました。 

そんな私も、小学生になると武道に目覚めました。

 

今回は、 私のゆるゆる武道、武術遍歴のお話です。

 

小学、中学校時代は 剣道 

竹刀をふりふりするも、小手の使い手で圧倒的な強さの同級生の前に敗北、そして挫折

でも、礼儀正しくなりました。

 

高校時代は、まずは、柔道 

自分の太ももと同じ太さの二の腕をしている120キロの同級生

打ち込みの練習中、背負い投げをして背骨がミシッ もう折れそう・・・

でも、自分の身体に合う格闘技に目覚めました。

 

転向したのが軽量級でもできる少林寺拳法

打撃の剛法逆技の柔法

技がおもしろくてしばらく続きました。

 

さらに強さを求めて叩いた門が、空手道

叩いた門の1000倍返しパンチ蹴りが返ってきました。

先輩の強さにビビりながら、何度もKOされるもなんとか耐えた4年間

 

キックボクシングの蹴りが知りたくて、しばらく通ったシュートボクシング

生まれて初めて女の子とスパーリング

女性だけはどうしても叩けません。

でも、彼女のローキックは重たかった

 

中年になって始めた大氣至誠拳法、その源流の中国意拳

周りには、アンディーフグと互角に戦った人もいました。

神秘のベールに包まれた立禅這い

異質の鍛錬法で少しずつ、身体の変化が起こりました。

でも、センスのない私には、とにかく時間が必要なようです。

 

さらに源流を求めて 戴氏六合心意拳

いままで知りえなかった目から鱗の身体操法

もともと、槍や刀や棒の身体操法

回り道してようやく逆複式呼吸に辿り着きました。

そのうち、日本刀をふりふりするかも・・・

あまりにもの奥深さに、現在、ゆるゆる修行中

 

でも、ポッコリお腹体型、その風格だけは、すでに達人、名人級

まだまだ、修行は足りません。

 

といったところでしょうか。

 

身体能力も高くなく、取り立てて実力もないオヤジです。

若い頃、周りや他人、あるいは、相手とのことばかりを比較していました。

今も、そのような気持ちが全くないかと言われれば、嘘になりますが、そういった比較を30代でやめました。

周りや他人ではなく、自分の内側と向き合うようになりました。

 

自分の気持ちに正直に

こころの底からやりたいからする

(もちろん合法の範囲内で、他人に迷惑をかけないことですよ。)

ただそれだけです。

 

身体もゆるゆる、心もゆるゆる、武道、武術もゆるゆる

山の頂を目指して、回り道

道の旅は果てしなく続きます・・・

 

 

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました❢❢