oyazipower’s blog

オヤジチャレンジ ~アラフィフオヤジが日々のチャレンジをつぶやきます~

しくじり英会話2 あーニューヨークが・・・振り出しに戻る English conversation No.2  

この記事をシェアする

 

オヤジです。英会話のお話の続きです。

 

 

耳寄りな話

ある日、職場の先輩から、会社で「海外語学研修制度」があるという耳寄りな話を聞きました。

研修場所は、アメリカ合衆国カリフォルニア州

期間はなんと2か月

基本的には、将来、通訳を目指すような人が対象

しかし、一部、見識を広げるための人数枠というものもあるようでした。

この話を聞きつけた私は、そのわずかな人数枠の可能性に賭け、ダメ元覚悟で選考に応募

その人数枠になんとか滑り込むことができました。

夢であったアメリカ合衆国ニューヨーク、マンハッタンに行ける・・・

憧れのアメリカ西海岸へ

f:id:oyazirogu:20190129205734j:plain

あっという間に事前の準備期間が過ぎ、1997年9月、成田空港を離陸

アメリカ西海岸、サンフランシスコへ

f:id:oyazirogu:20190129210500j:plain

期待と不安が入り混じった約9時間半の空の旅

客室乗務員の素敵な英語のアナウンス

アルコールや機内食を楽しみながら満喫

あっという間にサンフランシスコ空港に到着しました。

f:id:oyazirogu:20190129210139j:plain

空港からさらにバスで約1時間余り、研修施設がある小さな田舎町へ

最低限の必要な物だけ持参、それ以外はすべて現地調達

現地のアパートに住み、自炊をしながらの生活が始まりました。

f:id:oyazirogu:20190129214457j:plain

レッスンスタート

f:id:oyazirogu:20190129211101j:plain

レッスン初日、いきなり、能力別4クラスに分けるテスト

通訳を目指す上級クラス、中級クラス、準中級クラス、初級クラスの4クラス

私は、何故か準中級クラス 

内心、日本でやってきたことが無駄でなかったとうれしく思った反面、この微妙なクラス分けで、後々、後悔

この4クラスに分かれてレッスンスタート

f:id:oyazirogu:20190129211439j:plain

しばらくして、

「うそー みんな相当話すやん。😢 初級クラスでよかったのにー😢」と後悔

 研修施設内では、当然、日本語一切禁止、許されるのは、施設外

ただでさえヒアリング、スピーキング能力が乏しいのに

私の耳はもうダンボ状態

頭の中は、脳みそが破裂しそうなくらいフル回転

口の動きは極めてスロー

レッスン内容は、当然と言えば当然なのですが、日本の英会話スクールで行われる内容とほぼ一緒でした。

 

宿題は、毎日、英語での日記作成街頭でのインタビュー 

英文での日記作成となると、まるで小学生が日本語で書くような情けない内容

大学図書館などに赴き、大学生等相手に英語でのインタビュー

優しそうな人を探すと、必然的にアジア系アメリカ人女性ばかりに

もう緊張して心臓が破裂しそう

英会話もロクにできない胡散臭い30過ぎの日本人おっさん相手に親切にお付き合いしていただき、本当に感謝

 

そして、平日、語学研修以外では、ロサンゼルスやサンフランシスコ等での業務上の研修(この研修については、通訳クラスの一番堪能な人が通訳)

海外研修の目的は、語学研修が半分、もう半分が実は業務上の研修でした。

帰国した際のレポート報告が義務付けられていましたので、研修後、すぐに提出できるよう手分けしてワープロで書類作成

 

ただ、週末には、いろんなイベントがあったり、地元のホストファミリー宅へホームステイをしたりいろいろ

ある日、ホストファミリーからの電話

「サカゲム、サカゲム」とまるで呪文のよう

えっ、その単語?何 そんな単語知らない?

しばらくたって、小学生でもわかる「サッカーゲーム」であることにようやく気づき、電話でのヒヤリングがほんとうに難しく感じた情けない思い出も

ニューヨーク・マンハッタン行きが・・・

そんなこんなで、6週間が過ぎたころ、

 最後の週末は、ようやく憧れのニューヨーク、マンハッタンへ行く計画

ブロードウエイでミュージカル鑑賞に行く予定を立てました。

週末、他のみんなも小旅行

ラスベガスに行ったり、カナダに行ったり、いろいろ

 

しかし、レッスンの最後の課題、クラスごと、ひとりづつのスピーチ発表会

そのための準備が始まりました。

そして、じゃんけんで負けて、スピーチ発表会の司会をなんと私がすることに😢

自分のスピーチの原稿だけでもあぷあぷなのに、司会のための原稿も考えなければならない。

仕方なくニューヨーク行きを断念 あーニューヨークが・・・😢 

f:id:oyazirogu:20190129214210j:plain

最後の週末の翌月曜日が発表会当日

別人格になりきり、ノリノリで司会進行、自らもスピーチ

それなりに盛り上がり、和やかな雰囲気のまま無事終了

 

あっという間の8週間・・・ 

せめて、もう1か月いたいなあーと思いつつ

そして、帰国

日本へ帰国してから 

帰国してからの私は、アメリカ研修というプチ成功体験をしたことで、しばらく、その余韻を楽しんでいました。

しかし、そのプチ成功体験で満足してしまった私は、業務の多忙の中で、英会話での次の目的意識を完全に見失ってしまいました。

あれから、約20年余り

 

当時、現地でお世話になったある留学生の話を思い出しました。

「全く英語を話せない人でもアメリカで生活をして3か月経てば、ある程度自分の意見を言えるようになる。ブロークンな英会話ができても、きちんとした文法、会話を学習しなければ、20年30年経っても、そのまま。」

人生ゲームの振り出しに戻ったようなオヤジ

 振り出しに戻って 

今回の話は、もともと英語が苦手という私のマイナス思考が、プラス思考に変わり、英会話にチャレンジするというものでした。

プラス思考に変わったことで、アメリカでの研修が現実のものとなりました。

しかし、最初に抱いた「流暢に英語を話す自分の姿のイメージ」は、まだまだ単なる妄想に過ぎません。

潜在意識の中では、英語が苦手というマイナス思考だけは、やはり、ずっと残っています。

ですから、もう1回英語、英会話を好きになって・・・と

 

私の身の回りには、たくさんの英会話教材やテレビ番組もすでにあります。

また、すばらしいメール配信での英字新聞もあります。

答えは、手の届く範囲にすでにあります。

 

この後、どうしたいのか。どうなりたいのか。

オヤジチャレンジは続く。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました❢❢